便秘に効く食べ物と飲み物で、おなかはスッキリ!

野菜や果物、これらの食品が“美容”に良い理由

便秘に効く食べ物

便秘が長引くと吹き出ものができたり、肌荒れを起こしたりと美容面にもダメージが現れます。精神的にも、便秘になるとイライラしたりしてスッキリしない状態が続きます。

便秘に効く食べ物ですが、食物繊維をたっぷり含むサツマイモなどのイモ類、きのこ類、海藻類などがあげられます。特にきのこや海藻には、ほとんどカロリーがありませんから、いくら食べても太りません。

カロリーがないと言えば、こんにゃくもそうです。こんにゃくは、おなかの掃除になると言われている食品です。ただ、味がないのでこれだけ大量に食べるというのは難しいかもしれません。味噌おでんとかにして食べるとよいでしょう。

ヨーグルトのような乳酸菌発酵食品も、便秘に効きやすいと言われています。ただし、ヨーグルトのようなやわらかいものばかり食べていると、便の量が足りません。

便秘を防ぐには、ある程度の量の食べ物を食べる必要があります。食物繊維をたっぷり含むサツマイモやきのこなどをたっぷり食べた後で、おなかの中の善玉菌を増やすヨーグルトを食べることで、便秘の解消になるでしょう。

お通じが良くなる飲み物

便秘に効くと言われる飲みものに、牛乳があります。牛乳には、腸内環境を整える成分が含まれています。特に効果があるとされているのが、朝起きてすぐに「コップ1杯の冷たい牛乳」を飲むことです。

また、ココアには「リグニン」というおなかの中に善玉菌を増やす働きがあることから、ココアを飲むことでも便秘の解消になりそうです。

プーアール茶のようなお茶にも、お通じが良くなる効果が期待できます。プーアール茶には、ビタミンやミネラルなどの栄養成分も含まれていますから、美容にもいいです。

便秘を防ぐには、食べ物だけでなく、水分も必要になりますから、お通じが良くなる飲み物を一緒に飲むことで、さらに効果が上がるでしょう。

 

便秘改善にならない食べ物

便秘に効く食べ物をあげたついでに、「便秘の改善にならない食べ物」をあげておきます。

これは、パンやケーキのような水分の足りない食べ物です。おなかの中で水分を吸い取るような食べ物は、便秘を悪化させてしまうおそれがあります。

どうしても食べたいときは、牛乳やココアのような便秘の解消になりそうな飲み物と一緒に食べることでしょう。

なお、飲み物でも、カフェインが含まれているものには、便を固くする作用があるということです。

カフェインが含まれている飲み物と言えば、コーヒーや紅茶です。便秘で悩んでいる人は、避けた方がよいでしょう。